「買ってよかった.com」へようこそ。

このサイトは当初、カッコ良く、意味ありげで、略すのも簡単そうなサイト名を考え、グフフとほくそ笑みながら、趣味で集めてきた私物を掲載しては一人画面に釘付けになるサイトにする予定だったのですが、完成予想図を思い浮かべていたら一筋の涙がこぼれてきたのでやめました。人は孤独には耐えられますが、孤立には耐えられないのだと感じた瞬間でした。結局、凡庸な名前(買ってよかった.com)で、様々な方と関わりながらサイト運営を始めることにしました。

資本主義がいつまで続くのかなんて小難しいことはわかりませんが、「買う」というのは資本を媒介として「対価」を支払うということ。今は媒介が資本であるというだけで、媒介は何でもよくて、この対価を渡して交換するという行為はずーっと昔から人間が行ってきたこと。納得して支払って、「お互いが」よかったと思えたなら、それって素晴らしいことだと感じます。

ボクはマルクスとかよくしらないですし、彼が言っている等価交換よりも、もっとおバカタレントな感じで「買ってよかった」という言葉を使っていて、、なんかもっとこう、直感的に、あたかもエントロピーが増大していくように、作り手や伝い手のはちきれんばかりの熱量が伝わったから、使い手が「よかった」と思えた感じ、握手をしてお互いの熱が伝わって馴染んだ感じ。。うーん、、ひどく曖昧ですが、そーゆーのが好きなんです。

結局のところ、このサイトは僕らの遊びにしか過ぎません。どこまでも「遊び」。でも、こーゆー「遊び」って、工学的な「アソビ」同様、大切なはず。

最後に。サイト運営陣は技術的には未熟ですので「永久の未完成、これすなわち完成である(宮沢賢二:農民芸術概論要項)」という素晴らしいお言葉を、間違って受け取りながら頑張る自堕落をここに宣言いたします。総員共通して苦手な言葉は「ファストファッション」と「新型ガジェット」と「セール」です。どうぞよろしくお願いいたします。